ポイント総合

0

    ・幸せは待っていても来ず、変わらない、心の学習をし心豊となることで

    人生は大きく変わる、変えられる、幸福となる幸福感が得られる(⇔不幸となる)

    人生とは振り変えると過去の思いが、心、感受性に敏感に伝わります

    思い出は全て、光、輝き心の思い出となる

    ・年を取ると守りに入る、何の為の守りか?

    長生きした大人たちは、子供達の幸せの手助けを行う

    ・人生とは、旅、冒険の途中、心命の学習

    ・人生を噛み締めて大事にする   稲妻、無関心

    ・情報化時代、忙しく過ぎ、心が落着かず乱れ、心の泉が枯れ

    津波の様な膨大な情報に押し潰され、自分を見失いがちになり

    本物の言葉、人に気がつかなく、唯、むやみに時間ばかりが通り過ぎて行く世の中

    ・怒りは知恵の敵、行動は思想の敵、理の定義、理学、知的意識 

    ・偶然は無い

    ・一生の仕事とは、働く事の意味、理由

    仕事⇔遊び、ビジネスマン⇔クリエイター、数⇔心は全て反比例し、全く逆方向に向かって行きます、通常の社会でも学校、病院、弁護士、映画制作etc.良い物・事を行う・造る為には、お金、時間が限りなく必要で、数字中心では、人が創造性を持ち生きていく意味・価値が無く両方を確立する事はとても難しく大変な作業です

    ・有限資源、「もし私は死な無いと言う人がいたら教えて下さい・・・人間はいつかは死を迎える事を良く理解して一度の人生を良く考えエンジョイし悔いの無い生き方をしなくてはなりません」

    「人はそれ程器用ではない事も理解して下さい」

    「忙しいとは心を亡くす事」

    ・ 自分達のかけている物、不完全な世界、完全を求める世界、長い時間がかか 

      る、大事な物が見えない

    ・人を好きになる、愛する、信じる、育てる、伝える、教えてもらう

    ・歌は人生そのもの、声と魂の結びつき、その時代背景を映り出した、心の声、

    その時々の人生、世の中

    ・心に残る歌、ラブソング、口ずさんでいられない、聴いて、夢、愛無しでは

     生きて行けない

    ・20才頃の歌は、一生の歌となる人生となる、心豊か

    ・外国では心豊かな人が多い

    ・失敗を恐れない、自分に自信を持つ、アメリカでは本当に一生懸命頑張って失敗したら回りは共感し誰もが応援してくれる、その事で失敗を恐れず自分に自信が付く、一方日本では失敗をしてはいけないと教えられている。

    ・理論的に考えると何もしないで何も変らないリスクと何かして変るリスク、どちらがメリットが有るかは、一目瞭然です。(迷う事のリスクと迷わない事のリスク)

    ・時間の無駄、本当にやりたい事を見つけ腹をくくりやり遂げる

    平たんで楽な道、デコボコだらけの曲がりくねった道、苦労する事が多い程、心豊かになると分かるのは、ずーと後の事です

    ・情報化時代、忙しいばかりで個、人格が無くなる人間はそんなに器用でない

    もっとゆっくりと見・覚えないと(アナログ的に)良い結果とならない本物の言葉・人が分からない

    ・楽しみ→見つける

    ・衣食住が満たされると有りがたみ目標が薄れる

    ・分からない事は次の宿題とする

    ・重要なのは自分が変われば周りが変わる未来を変えるのは貴方です



     

    ・アルベルト・アインシュタイン

     

      不確実で、うそと欺瞞で溢れかえっている世の中で、確実な情報、仕事とは・・真実を語るには勇気がいる。

     

      

     

    ・トーマス・カーライル

     

      高貴な仕事は最初は不可能に見える。そして奇跡を作る。心の学習は自らをも助けることになる。



     

    ・ミルトン・エリクソン

     

     心は独自の座を占めており、それ自体で、とんでもない地獄を生み出すこともできれば、素晴らしい天国を生 

     

     み出すこともできる。



     

    ・セネカ

     

     どんなに豊かな土壌でも、耕さなければ、実りをもたらさない。人の心も同じである。



     

    ・ジョシュア・レイノルズ卿

     

     わしらの心はたえず新しい考えで肥沃にしなければ、すぐに荒れ果て、何も生み出さなくなる荒地に過ぎない。



     

    ・ジェームズ・アレン

     

    人の心は、賢明になるよう耕すことも、荒れるがままに放置することもできるが、耕しても放置しても何かを生み出す、庭のようなものだ。

     

     

     

     人間は自分自身によって、作られもするし、解体されもする。思考で武装することによって、人間は自分自身 を破壊する武器を作る。その一方で、喜び、力。平和に満ちた天国的な邸宅を立てるための道具も作る。思考の正しい選択と適用により、人間は聖なる完璧さに上昇するのだ。
     



     

    『自分の心をプログラムする』

     

     真実であれ、最も卑劣なうそであれ、ある考えや言葉を繰り返し聞いたり、読んだりするだけで、わしらはそれを最終的に心の奥に刻み込むようになり、それがわしらの人格の消えがたい一部になるのです。それは相当に強い影響力を持っているため、そのうちに、何の配慮や反省無しでも、わしらはそれに基づいて行動するようにさえなります。



     

    ・崇高なことを成し遂げようとすると必ずリスクが伴います。リスクを追うのを恐れる者は、崇高なことを成し遂げようと期待してはなりません。今や貴方は、自分が奇跡であるのを知っています。奇跡には恐怖は無いのです。

     

    自分の恵みに感謝しなさい。自分のかけがえなのなさを主張しなさい。自分の枠を超えなさい。選ぶ力を賢く用いなさい。


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM